事例⑥歯肉炎と下半身麻痺の食事療法


ある時、うまく食事ができなくなったきなこ君。由良さんが口を覗くと、歯肉炎で歯茎が腫れ上がっていました。通院するもなかなか治らず、飼い主の由良さんが独学でスパイスなどを試した結果、歯茎の腫れがほとんど消えました。さらに驚いたことに、下半身麻痺で全く動かなかったきなこ君の脚が、ほんの少しずつ動くようになりました...!

 

2020年9月。歯茎が腫れ、歯が埋もれている様子。
2020年9月。歯茎が腫れ、歯が埋もれている様子。
2021年2月。腫れがひき、歯がしっかり見えるようになりました。
2021年2月。腫れがひき、歯がしっかり見えるようになりました。


写真・情報提供 飼い主の 由良 万紀子 さん

 

HPhttps://yuramaki.com

*免責事項*共有させていただく記事の内容につきましては、あくまで参考事例となります。飼い主さん自身の責任の上、参考になさってください。


*おすすめの有機シナモン*


*おすすめの有機ターメリック*



⚠シナモンにも種類があります。セイロンとカシアです。何事も過剰摂取は控えていただくに越したことはありませんが、スリランカ産のセイロンシナモンであれば、毒性は低いと言われています。スリランカ産以外の中国産、マレーシア産、ベトナム産などのカシアには、クマリンといわれる成分が多く含まれ、肝障害を引き起こす可能性がありますので、購入時注意しましょう。


実践した食事療法があれば、ぜひ詳細を下記フォームにてお知らせください。


ハリネズミちゃんを診察したことのある病院をMAPにしております。