ケージの選び方

人気なケージサイズ:65cm~90cm

 

★ポイントは、ホイール(25~32cm)が入る高さや幅があるか?が指標になります。

 

・ワイヤーケージ…通気性はよく、湿気がこもりにくい。

※その分保温性に乏しいため寒さ対策が必須。

 

・アクリルケージ&水槽…保温性に優れている。

※雪国などの極寒の地では、アクリルケージや水槽をオススメ!

その分、通気性に乏しいため湿度調整や風通しに考慮が必要。

 

★Point★

家の環境により、保温性を優先するか通気性を優先するか、季節によって、環境によって選びましょう。タオルをかぶせたり、除湿器やミニ扇風機など、補助をつけるのもよいです。また、手作りのケージも今たくさん出てきております!

 

 

🏠Instagram #JHAハリちゃんハウス  では、みなさんのハリちゃんハウスをご紹介いただきました!その時の画像を一部共有させていただきます🤗✨

レイアウトなどの参考になれば嬉しいです!

 

環境を整える製品例

ワイヤーケージ

ワイヤーケージ専用カバー

アクリルケージ